• ホーム
  • 早漏だと彼女に伝えた方がよいのか

早漏だと彼女に伝えた方がよいのか

2019年08月07日
薬を飲む男性

「早漏であること」は、男性にとって非常に大きな問題となり得るものです。
遅漏である必要性はありませんが、少なくとも「彼女を満足させられる程度の持続性」が無いことでコンプレックスになってしまうこともあります。
そもそも、早漏であることが人間性を左右することではありませんし、異性に対してコンプレックスを感じる必要性もありません。
しかし、女性から「もうちょっと頑張ってほしい」などと言われるような状況を経験してしまうと、男性にとっては非常に大きな衝撃を受けてしまうでしょう。
もし、自分が早漏であることをコンプレックスに感じているのであれば、その事実を彼女に打ち明けたうえで「一緒に改善を目指す」と言う関係性を構築することが得策です。
早漏の原因には大きく分けて2種類あり、表面的な刺激に対して敏感になってしまい過ぎるという原因と、過度なストレスなどから引き起こされる心因性の原因があります。
刺激に対して敏感になってしまうのであれば、厚めのコンドームを装着したりという対応で改善が見込める場合もあったりするのですが、心因性の問題に対しては「長期的なアプローチ」を辞さない姿勢で改善を望むことが大切です。
例えば、射精しそうになると刺激を弱め、落ち着いてから再び刺激を与えると言ったいわゆる「寸止め」によって射精をコントロール出来るように訓練するという方法も効果的ですが、これには女性の理解と協力が不可欠です。
加えて、「十分に満足できている」と言った心理的なアプローチによってコンプレックスと解消することで、早漏など無かったかのような改善を見込める場合もあります。
いずれにせよ、隠してストレスを感じ続けていれば改善が遅れてしまう可能性が高いので、出来る限り彼女にも伝えて協力してもらうという方法が良いでしょう。